スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さっそくサンゴ砂投入~!

と、言う訳で(前回の話を参照)金魚水槽の外部フィルターのお掃除ついでに

サンゴ砂投入してみました~


金魚水槽の濾過機は上部フィルターと外部フィルターの併用ですが、それぞれを更に

底面フィルターと連結してます

今日はそのうち外部フィルター、エーハイム社のクラシック2217と言うフィルターです



これなんですけどね、

エーハイム2217


意外とデカイんですよ。初めて見た時は「ごみ箱」が来たのかと思いました。失礼!

普段は金魚水槽の横に置いてます。そう、フグ水槽用のパワーボックスと並べています


エーハイムのフィルターってなぜ「緑色」なんでしょうね?

でも、さすがMade in ドイツ。なかなかよくできてます。音も静か

パワーもあるし耐久性もけっこうあるみたいです

他社のフィルターより少し高価なのが難点カナ?まあ、ものがいいからね





さっそくお風呂場へ直行! で、中身はこんな感じ↓

エーハイム2217濾材

ざるに濾材リングたっぷりでしょ。ここにお水をきれいにしてくださる「バクテリア」さん達が

住み着いているのです。ちなみに小さな黒い石はトルマリンだそうです (あっ!よく見えないや)

汚れが溜まっていると思うので飼育水で軽くちょっちょっちょ程度に濯ぎます




そして今回 新たに投入する、サンゴ砂登場~

サンゴ砂投入~!


今回Do-Junがチョイスしたのは、フグ水槽でも使用しているお馴染みの

シンセー コーラルサンド 粗目 20番



でもこれ、フグ水槽立ち上げ時にフグ水槽のフィルター用の濾材として使おうと思っていたら

やっぱりパワーハウスの濾材を使いたかったため、手つかずで放置してあったものでした



ん~。これで弱アルカリ性を維持。「野望」に一歩近づいた… うっしっし




それからインペラなどモーター部をお掃除して


ハイ!、元通りにセットしなおして、フィルター掃除で少なくなったお水を補充していたら…







おやっ!?







何これ?誰のフン?


って思ったが、こんなのゴロンとしたのをするひとは うちの金魚にはいません







よくよく見ると…


珍客1


巻貝じゃありませんか!! まぎらわしい!!



たぶん、いつか買った水草にでも付着していたのが大きく成長したのでしょうね

水草水槽には害を及ぼすとして嫌われ者のようですが、うちのは魚水槽なので

そのまま水槽に戻しておきました







なんて おやさしい Do-Junでしょう!(笑)







そう言えば夏にはこんな方も見かけました

珍客2


あんた誰!? 虫なの??





今はどこにおられるのかわかりません    

底砂の下で巨大化していたらイヤですね。恐ろしや~



近いうちに今度は上部フィルターの掃除もするので、また少しサンゴ砂投入予定です


あ~そう言えば

金魚水槽の水がアルカリ性だった理由わかりました

五色石。特に白い石が原因だそうです。それならサンゴ砂は不要なの?

でもいいや、ちょっと入れる(←変なとこガンコなDo-Jun)


では、また
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。