スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

増える増える

北海道にはこの時期「観楓会(かんぷうかい)」と言う行事がある

はて!?何それ

実はDo-Junも昨年の今頃初めて知った言葉だ




あれは昨年の今頃、姫様(当時2歳6カ月)を保育園に迎えに行った時

保育園の先生がいつもより御洒落な服を着ていたので

「ドコカ オデカケ デスカ?」と尋ねると

「えぇ、今日は観楓会なんです~」  だって!!



Do-Junは「寒風摩擦の大会」でもあるのかと思ってしまいました




Wikipediaによると…

観楓会(かんぷうかい)は、楓などの紅葉を鑑賞する集いのことである。
北海道地方では、秋に懇親を主たる目的として行われる会合を指してこう呼ばれる。

北海道では、南端の松前、江差近辺を除けば、春の桜は本州ほどには多く見られない。
それで、秋に集まって紅葉を鑑賞しながら飲食する行事が定着している。
これを観楓会と呼ぶ。

本州以南で、一般に花見を行う場合、近い場所で日帰りで行われることが多いが、
観楓会は一泊程度の宿泊を伴うことが多い。
場所は温泉宿等がよく選ばれ、開会も必ずしも日中とは限らない。
すなわち北海道における「観楓会」は宴会を第一目的としている。
宴席を主たる目的とする年中行事という観点では、花見と相通ずるが、
開催方法にはこのような相違がある。

日帰りで行われる場合でも、必ずしも屋外で開かれるとは限らない。
これは天候が不安定で、かなり寒い時期に行われることにも関係する。
純粋に鑑賞を目的とする場合はむしろ「紅葉狩り」と呼んで区別する




どうりで… ( ̄▽ ̄;)

学校を卒業後、10年間のサラリーマン時代を内地で過ごしていたDo-Junには

まったく縁の無い言葉デシタ。それに今は自営業の身…



結局は「社内旅行(社員旅行)」なんかいな??










さてさて…









「ブブちん」お食事量産計画で飼育する事になった「ザリガニ」




赤ちゃんザリガニが急に増えてきました~

増える増える1

なまら うじゃうじゃいるべさ(^^;)

20匹ぐらいいそうです~




このままでは更なる「共食い」が始まってしまうであろうと思うので…

増える増える2

隠れ家を兼ねて「カモンバ」入れておきました~

カモンバってザリガニの餌にもなるのかな?


水草が入るとなんだかいい感じですね





以上、日々バージョンアップする「ザリガニ水槽」からデシタ…






では、また
コメント

No title

おおー Do-Junさん 凄いぞー!この稚ざりがにの数。鼠算で3倍くらいに増やして「塩茹で」にしてビールのつまみー!・・・・・ 駄目か・・・ブブチンのご飯か。
観楓会か・・・しばらく行ってませんね。
でも北海道だけなんでしょうかね?この催しは。

Re:だーさん

共食いがなければ嬉しいのですが、そうもいかないですよね…i-229

北海道弁かも…i-229
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。