スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱ毒あったのね(^^;)

先日、インターネットで「時事ドットコム」の

「おれたち猛毒ファミリー 写真特集」を見ていたら

トラフグ」が出ておりました





まぁ、トラフグならば特に驚くような事ではありませんが

なんと「ムブ」もおりました~




時事ドットコム おれたち猛毒ファミリー 写真特集
http://www.jiji.com/jc/d4?d=d4_topics&p=vnm109-jlp05828349




その記事には…

毒を持つ淡水性のフグ、テトラオドン・ムブ。アフリカのコンゴ川、タンガニーカ湖、
マダガスカル島の河川などに生息。体長は大きいもので60センチ以上に達し、
色彩が鮮やかなため観賞用として飼育される。肝臓、卵巣、皮などに強い毒を
持つフグの調理には熟練が必要で、食用とするのは日本に限られている
(スイス・バーゼル)(2008年01月09日)【EPA=時事】







よく「フグを飼っている」と人に言うと

「毒あるのか?」とか「喰えるのか」とか聞かれます…




今まで毒については「たぶんあるんとちゃうの~」と憶測で答えておりましたが

ここにハッキリと「毒を持つ淡水性のフグ」と書かれておりました~

やっぱ毒あったのね(^^;)

やっぱあったのね…(^^;)



そうそう、「マダガスカル島の河川などに生息」にと言うのも初耳でしたわ~







では、また
コメント

No title

へぇーそうなのですね!
毒ありのフグは海水フグだけじゃないんですね^^;

因みにサザナミフグは全身毒だらけですよね。。。。^^;

No title

大きい物で60cmって、もう成ってるし・・・
でも、「食用とするのは日本に限られている」って 。

Re:fuguさん

はい。かなりの毒の持ち主ではないかと…i-229

Re:だーさん

そうなんですよね…i-229

「食用とするのは日本…」って市場に出回っている
トラフグとか食用のフグの事を言いたいのではないかと
思っているのですが…i-229

No title

天然のトラフグは自然界にある食物の中から毒を蓄積していくので、養殖のトラフグには毒がないんです。そういうことなので多分ブブチンちゃんには毒が無いと思いますよ(^^)

No title

笑うしかない(笑)有毒って書くと凄くいけないものを育てているような気分になりません!?きしし。うちの子は、予約でアフリカ便が入港して初めてお目にかかったので、元は有毒、今は薄毒といったところでしょうか(笑)

Re:とんばさん

なるほど!
「ブブちん」も養殖なので…

「養殖~!?」v-405


では、食べても…

「食べても~!?」v-405v-356

自分でボケツッコミしてしまいましたがi-229
とにかく「たぶん毒無し」と言う事で…
いいの?ですよねi-229

Re:お魚さん

そうですよねi-229
ちなみに毒物を運搬する車には「毒」の看板付いていますが
輸入直後の個体の水槽前にも「毒」の看板あった方がよろしいかと…i-230
(↑そんなの付けてどうするってね…i-229


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。